pc7-11 1111 愛河TV電視直播影音搜網ip

關於部落格
e7-11 影音網誌週報 奈米優PSI數學 pc7-11 1111 愛河TV電視直播影音搜網ip
  • 106649

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

| 台灣棒球一級棒 | 台灣棒球影像館 | 中華職棒大聯盟 | 職棒球員點將錄 | 賽事 | 棒球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
< !-- start content -->
依頼 依頼このページのノートに、このページに関する依頼があります。
依頼の要約:この項目へのリンク張替え
Disambiguation メジャーリーグ と MLB は この項目へ転送されています。その他の用例についてはメジャーリーグ (曖昧さ回避)MLB (曖昧さ回避)をご覧ください。
メジャーリーグベースボール
種類 プロ野球
開始年 1876年
参加チーム 30
アメリカ合衆国
カナダ
前回優勝チーム セントルイス・カージナルス

メジャーリーグベースボールMajor League BaseballMLB)とは、アメリカ合衆国(29チーム)及びカナダ(1チーム)の30球団により編成されるプロ野球リーグのこと。大リーグともいう。「大リーグ」の呼称はメジャーリーグの別名「ビッグリーグ (Big League) 」の訳語である。

目次

[非表示]

6.A6.82.E8.AA.AC">

[編集] 概説

1901年創設のアメリカンリーグと、1876年創設のナショナルリーグからなり、2007年現在全30球団がある。球団数は1901年から1960年までは16球団だったが、1961年に18球団に増えたのを皮切りに、20→24→26→28と増え、現在の30球団になったのは1998年のことである。地区制度は1969年にまず2地区制で導入され、1994年からは3地区制になった。

アメリカンリーグの西地区が4球団で少ないため増やそうという話があったが、試合を構成する上で総球団数を偶数にせざるを得ないため(偶数でないと全球団で同じ日に試合を行うという構成にすることができない)、他に同じような動きがないために現在の所保留されているという話である。

リーグ優勝チーム同士のシリーズ試合(優勝決定戦)はワールド・シリーズと呼ばれる。

メジャーリーグベースボール機構では、アメリカ合衆国やカナダ以外での公式戦開催を推進している。日本では2000年2004年に公式戦開幕シリーズを東京ドームで開催した(2003年にも予定されていたが、イラク戦争の影響で中止となった)。今後も日本での公式開幕戦が開催される可能性がある。

アメリカ国内にはMLB傘下にない、複数のプロ野球チームが1つのリーグを構成しており、これを特に独立リーグとよんでいる。また、このほかにも黒人の野球選手のみで構成されたニグロ・リーグ1914年1915年には、フェデラル・リーグと呼ばれる第3のリーグが存在したが、いずれも現在は廃止されている。

アメリカ合衆国外からの参加は2005年にモントリオールエキスポスカナダ)がワシントンD.C.に本拠を移転し「ワシントン・ナショナルズ」となったため、現状はトロント・ブルージェイズ(同じくカナダ)の1球団のみとなった。

メジャーリーグでは、野球記者が選手にサインを求めることは禁じられている。

[編集] 参加チーム

[編集] アメリカンリーグ

西地区中地区東地区

[編集] ナショナルリーグ

西地区中地区東地区
MLBのチーム分布と所属リーグおよび地区
MLBのチーム分布と所属リーグおよび地区

[編集] メジャーリーグベースボールの試合システム

メジャーリーグの試合光景:イチロー対石井一久
メジャーリーグの試合光景:イチロー石井一久

[編集] レギュラーシーズン

各チームとも1チーム162試合対戦する。この中にはリーグ間交流戦も含まれる。インターリーグ試合については、日本と異なり、引き分けなし(降雨などで「タイゲーム」となった場合を除く、ただし再試合を行う)の時間無制限で行う。このため、試合がもつれた場合は、終了が深夜に及ぶことも多い。ただし新古典派球場ブームにより、日本のようなドーム球場は減る傾向にあり(かつてヒューストン・アストロズが本拠地としていた、世界初のドーム球場であるアストロドームも、公式戦会場から外された)、雨による中止(日程が詰まっている場合は長時間にわたって試合開始時間を遅らせたりする)もあるために試合日程が過密であり、20~30連戦という日程が少なくない上、1日に2試合行う(ダブルヘッダー)場合もある。これに加え、国内でも時差が4時間ある広大なアメリカ本土・カナダを縦横に移動するために、各球団が移動用の専用機を有し、深夜早朝を問わず航空会社のダイヤに左右されず最も都合の良い時間に移動することが可能ではあるものの、肉体的な負担はとても大きい。そのために、たとえ主軸選手であっても疲労回復のために定期的に先発から外すことは珍しいことではない。

ただし、162試合すべてが必ず行われるとは限らない。プレーオフ進出の可否が完全に決定し順位が確定した地区のチームは、雨天中止などによって順延されたゲームの再試合は基本的に行わない。仮に選手やチームの何らかのタイトル・記録にかかわる場合であっても試合は行わず、また試合数が揃わないことによる各チーム間の選手成績の調整なども行われない(例えば、1試合雨天により順延しているAチームのB選手が161試合消化時点でリーグ2位の50本塁打を記録しており、CチームのD選手が162試合でリーグ1位の51本塁打であったとしても、順位が完全に確定していればAチームは再試合を行わず、D選手がリーグ本塁打王となる)。

レギュラーシーズンの日程はコンペティションによって決められる。日本のように上位のチームが開幕開催権をもつという制度はない。

7月31日まで、ペナントレース期間中のチーム間の直接のトレードが可能(日本では6月末まで)。また、主軸選手や中堅選手でもトレード移籍が多く、シーズン中のトレードもたびたびある。

7月にオールスターがあり、2003年から勝ったリーグにワールドシリーズでのホームアドバンテージ(勝ったリーグに所属するチームの本拠地からワールドシリーズが開幕)が与えられる(2002年までは1年交代だった)。

大乱闘などで試合続行不可能になったり、そもそも相手チームが到着せず、試合ができない場合などは、フォーフィットゲーム(放棄(没収)試合)となることもある。

両リーグとも予告先発制度を採用している。先発投手は試合ごとではなく対戦カードごとにまとめて予告される。

アメリカン・リーグでは日本のパシフィック・リーグと同じく指名打者(DH)制度が採用される。

[編集] ポストシーズン

ブッシュ大統領によるワールドシリーズの始球式(2001年)
ブッシュ大統領によるワールドシリーズの始球式(2001年

各リーグとも162試合の成績を元に各地区の1位、および各リーグ2位の最高勝率チーム(ワイルドカード)を加えた4チームずつによるトーナメント戦となる。地区1位に2球団が並んだ場合でワイルドカードの対象とならない場合や、ワイルドカード候補に2球団が並んだ場合は、両者間での1試合のプレーオフによって、プレーオフ進出チームを決定する。この試合はレギュラーシーズンの試合の1つとみなされ、個人成績はシーズン成績に参入される。なお、地区1位に2球団が並んだ場合で両チームともプレーオフに出場できる場合は、レギュラーシーズンの直接対戦で勝ち越しているチームが地区1位となる。

リーグ準決勝地区シリーズディヴィジョンシリーズ)は、各リーグで基本的に、最高勝率チームとワイルドカード、および、その他の1位チーム同士の対戦、との組み合わせ(合計4試合)となる。ただし、最高勝率チームとワイルドカードのチームが同じ地区の場合、最高勝率チームに代わり、ワイルドカードを除いて勝率2位のチームがワイルドカードと対戦する。試合は5戦の予定で行われ、3勝したチームが出ればシリーズは終了し、そのチームがリーグ優勝決定戦に進出する。ホーム開催は、2試合-2試合-1試合と割り振られる。

1997年まではホーム開催は2試合-3試合と割り振られ、最初の2試合のホーム開催権のある地区(ホストチーム)が予め決められており、ワイルドカードはホストチームまたは同地区チームとは対戦しないとの規定があり、ワイルドカードで出場するチームの所属地区により組み合わせが決まっていた(たとえば1995年のア・リーグはホストチームが中地区とワイルドカードで、そのためクリーブランド(勝率1位)対ボストン(勝率2位)、シアトル(勝率3位)対NYヤンキース(ワイルドカード)となった)。

リーグ優勝決定戦リーグチャンピオンシップシリーズ)は、リーグ準決勝を勝ち上がった各リーグの2チームが、7戦の予定で行われる。4勝したチームが出た時点でシリーズは終了し、そのチームがワールド・シリーズ出場権を獲得する。ホーム開催は、2試合-3試合-2試合と割り振られる。

リーグ準決勝とリーグ優勝決定戦では、シーズン勝率が高いほうにホームアドバンテージ(シリーズ開幕権)が与えられる。ただし、ワイルドカードのチームは勝率にかかわらずホームアドバンテージは持てない。なお1位チームで同じ勝率のチームが対戦することになった場合、レギュラーシーズンでの直接対決に勝ち越しているほうにアドバンテージを与える。

ワールド・シリーズはアメリカン、ナショナル両リーグの優勝チームがやはり7戦のスケジュールで行われ、4勝したチームが、その時点で全米チャンピオンとなる(ホーム開催の割り振りは2試合-3試合-2試合)。

[編集] ポストシーズンの成績について

MLBのポストシーズンでは、なぜか0勝3敗とされたチームは逆転の見込みが全くといって良いほどない。ワールド・シリーズは2005年で101回目を迎えながら、いまだに達成したチームはない。リーグチャンピオンシップシリーズでも2004年にボストン・レッドソックスがニューヨーク・ヤンキースを0勝3敗から逆転したのが唯一の例で、それまでは北米スポーツでもNHLで2度達成されただけであった。

そればかりか、0勝3敗とされたチームは4回戦も敗れるケースが多い。ワールド・シリーズおよびリーグチャンピオンシップシリーズで0勝3敗とされたチームは2005年までに28チームあるものの、4回戦に勝ったのはわずか6チームだけで、あとの22チームはそのまま4連敗で敗退している。

日本のプロ野球では1958年西鉄ライオンズ1986年西武1989年巨人が0勝3敗から逆転で日本一をつかんだことがある。

[編集] 過去の試合システム

[編集] レギュラーシーズン

1960年までは1チームあたりの試合数は154試合(22回戦×7チーム)だったが、ア・リーグは1961年から、ナ・リーグは翌1962年から現在の162試合(18回戦×9チーム)になった。

2地区制時代は12球団時は同地区5チーム×18試合=90試合、他地区6チーム×12試合=72試合の計162試合であったが、ア・リーグは1977年から、ナ・リーグも1993年には14球団に増えたことから、同地区6チーム×13試合=78試合、他地区7チーム×12試合=84試合の合計162試合になった。

[編集] ポストシーズン

1968年まではリーグで1位になればそのままワールド・シリーズへ出場できた。なおリーグ1位に2球団が並んだ場合、ア・リーグは1試合制のプレーオフを行いその勝者が、ナ・リーグは3試合制のプレーオフを行い先に2勝したチームが、リーグ優勝となりワールド・シリーズ出場権を得た。

1969年から1993年までは中地区がなく、東地区と西地区の1位でリーグ優勝決定戦(リーグチャンピオンシップシリーズ)を行っていた。また1984年まではリーグチャンピオンシップシリーズは現在のディヴィジョンシリーズと同じ5戦3勝制で、1985年から現在と同じ7戦4勝制になった。なお1981年はストにより前後期制をとり前期優勝チームと後期優勝チームが地区優勝決定シリーズを行い、その勝者がワールドシリーズ出場をかけリーグ優勝決定戦を行った。

ワールドシリーズは現在7戦4勝制となっているが、1903年1919年のように9戦5勝制の年もあった。

[編集] おもな歴史

相簿設定
標籤設定
相簿狀態